食品加工場

蒸す・焼く・練る
自家製食材を「蒸す・焼く・練る」によって製品化する工場です。
 
南魚沼市君沢の国道17号沿いに立地し、出荷トラックの搬送がしやすい環境にあります。本社とも車で数分の位置にあるので収穫した作物を加工場併設の倉庫に搬入し加工の手順に回ります。
稲刈り前後に収穫となる安納芋の加工は、一旦工場に併設した倉庫で熟成期間を経て晩秋から冬にかけて加工作業が進められます。

製品開発

食品加工場では食品加工製造の他に新たな食品加工や製品開発を行っております。
レストランや食卓で利用できる食材の製造やスイーツ材料をここで開発・加工します。スイーツの原材料だけでなくスイーツ本体の開発も行い、過去にもプリン・羊羹・ロールケーキなどの商品を世に送り出しております。